ブログ

エディブルムーラン

可愛くておいしい?!エディブルムーラン(パンジー)

インスタの投稿とともに
冬の寄せ植えを振り返ります。

ムーランフリル

冬場にお庭を華やかにしてくれるパンジー

ここ数年、〝ムーランフリル〟の魅力にとりつかれ、
必ず予約してムーランフリルを植えています。

〝イタリア貴族のスミレ〟なんて名前がついていますが、
ナポリの貴族であり、世界最古のナーセリー「FORMEN社」の社長レナート氏が生み出したパンジーです。
🔗https://www.engei.net/guide/guide.asp?ID=1062 icon-external-link

今年は、スリットスタンドプランターにも植え込みました。
こちらには「ムーランフリルルージュ」を…♪
これから育つのが楽しみです。

エディブルムーラン

エディブルとは、食べられるという意味。
つまりエディブルフラワーとは、食べられるお花という意味です。

エディブルムーランは、食べられるムーラン!
どんなメニューにしようか、うきうきします。

お花やハーブは、無農薬で作れば食べられるというわけではなく、
毒性のあるお花もあります。また通常食べられるものでも、品種によっては毒性があるタイプも!

よく見かける、スズランやスイセン、クレマチス、クリスマスローズなども毒性があります。
例えばミントでも、ペニーロイヤルミントは毒性があると言われています。
ですので、食用にする場合は、品種など、よくよく調べてから使用してくださいね!

スリットプランターに植え込んだムーランも、
随分こんもりと育ちました♡

満開のムーランフリル

満開のムーランフリル ルージュ

ムーランは〝キメラ咲き〟といって、一つの株でも色々な色や花形が楽しめる品種です。
同じ株でも表情ゆたかに…♪

植え込んだ直後は少し寂しかったのですが、こんもりと育ち、
スリットスタンドプランターに植えてよかったと思える瞬間です♡

チューリップと寄せ植えして

チューリッブとパンジーの寄せ植え

チューリッブとパンジーの寄せ植え

パンジーを植え込む前に、チューリップの球根を植えました。
コンテナガーデンの場合は、水やりも兼ねられますし、
芽吹いてくるまでの間も、球根の上のパンジーが彩りを与えてくれます。

こちらはムーランフリル キャンティルージュ、
ピンク系のムーランと、大好きなフリンジ咲きのチューリップ〝ハウステンボス〟と合わせて♡

そろそろ夏の植え替え

ペチュニア

ペチュニア

パンジーも全盛期を終え、まばらとなってきてしまいました。

次は夏の寄せ植え!
暑さに強い、ペチュニアやニチニチソウなどに植え替えたいと思います。

 

La Rose Cherie
ラ・ローズ・シェリー
https://rose-ch.com/

 

関連記事

  1. Fete des Muget
  2. La Rose Cherie
  3. 花がら切りした薔薇たち La Rose Cherie
  4. La Rose Cherie
  5. La Rose Cherie
  6. 横浜イングリッシュガーデン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP